FC2ブログ

サントリーウィスキー『響』もノンエイジが3/10(火)より発売開始!

こんにちは、広小路キッチンマツヤです。

これまで高根の花にも感じていた「山崎 12年」に「白州 12年」がノンエイジの登場で、そしてハイボールで身近な存在となったように、今回はブレンデッドウィスキーの最高峰、あの『響』もノンエイジが3/10(火)より登場することとなりました!



響ポスター
JAPANESE HARMONY……イイですネ!




そもそも「ブレンデッドウィスキー」って、何でしょ?

「山崎」は、サントリー山崎蒸留所で醸造されたモルトウィスキー100%です。

「白州」は、サントリー白州蒸留所で醸造されたモルトウィスキー100%です。

これらを「シングルモルトウィスキー」と呼びますが、対して様々なモルト原酒やグレーン原酒をブレンドするのが「ブレンデッドウィスキー」であります。コーヒーの「モカ」や「キリマンジャロ」に対する「ブレンド」と例えれば分かりやすいかと。

ですから、ブレンダー、マスターブレンダーと呼ばれる神々が醸造所にはおわしまして、この神々の差配でブレンドの配合が決められ、そのウィスキーの表情が決められていくのであります。

グレーン原酒というのは、主にトウモロコシを原料としたウィスキーでして、大体においてはブレンドの底固めをする縁の下の力持ちであります。稀にグレーンだけで商品化されることもあり、先般<数量限定・愛知限定>で発売された『知多蒸留所』がグレーンウィスキーです。

<関連記事>





マツヤでは、一週間後となる3/17(火)に提供開始を予定しているスーパープレミアムビール『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム』と併せて、ノンエイジでお求め安くなる『響』も皆様にお楽しみいただけるよう準備を進めます。

<関連記事>





ただ、これにより実は発売して間もない「響 12年」というのがちょっとビミョーな立ち位置となりまして(^^;)、サントリーさんもそれは承知らしく、2015年9月末でコチラは販売を終了するとのこと。

そして、マツヤには1本だけ未開封であります……響 12年



響12年




この1本が3月中旬までに売れればよいのですが…………。(^^;)タラッ

9月末までとはいえ「響 12年」を追加仕入れする予定はありませんから、これがマツヤとしては最後の1本となります。

12年物とは思えない12年を嗜む最後のチャンスですから、今のうちに体験なさってみてはいかが?



いっそのこと未開封のままとっておこうかな?w



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ウィスキー/ハイボール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区伏見の地で1962(昭和37)年より創業の老舗洋食レストラン『広小路キッチンマツヤ』の代表(3代目)がつらつらと戯言を垂れ流します。

個人的な趣味の話題を基本としつつ、時には時事ネタにも鋭く切り込んでみたりw

とは言っても所詮は後継ぎ青二才のしょっぱい文言に終始する可能性もあるので……やっぱり戯言でしょうねぇw

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya

#キッチンマツヤ



PR













月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示