スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のボジョレー・ヌーヴォーは……?

こんにちは、広小路キッチンマツヤです。



今年のヌーヴォーも、なかなかいいらしい。



……そんな声が聞こえてきます。



ボジョレー ヌーヴォー 2015

2015年11月19日(木) 解禁!



2014年のボジョレー ヌーヴォーは、久々に良好な出来ばえで世界中から喜ばれました。特にジョルジュ デュブッフのボジョレー ヌーヴォーは、改めて「ボジョレー ヌーヴォーにジョルジュ デュブッフあり」と、【ボジョレーの帝王】の面目を保つに至りました。



ジョルジュデュブッフ
ホジョレーの帝王
ジョルジュ デュブッフ氏



さて、今年(2015年)のヌーヴォーですが……ジョルジュ デュブッフ氏本人の弁。

今年は稀に見る素晴らしいヴィンテージになりました。美しいダークルビーに輝き、完熟した果実の香りがあふれ出し、非常に濃密でエレガントなワインに仕上がりました。



生産者ですから、まかり間違っても「今年の出来はイマイチでした」なんぞ言うはずがありませんが(笑)、それを差し引いても今年のデキには期待してよろしいんじゃないですかねぇ!



特に今年は凝縮味が増した結果、アルコール度数も少し上がっているそうですよ。



ヌーヴォーの良し悪しを本当に決めるのは醸造所の力量です。醸造設備や技術者の熟練度がヌーヴォーのおいしさをどこまで引き出せるか。つまり、葡萄の良し悪しに加えて醸造所の力量により本当においしいヌーヴォーと必ずしもそうでないヌーヴォーとの格差が大きいのではないか、ということです。この点においても、やはり帝王なら安心ですよね。



budoubatake1_500.jpg
ボジョレー地区の広大な葡萄畑



フランスの三ツ星レストラン 『ポールボキューズ』 が最も気に入っているヌーヴォーがジョルジュ デュブッフです。



あなたは今年、どこのヌーヴォーを飲みますか?

帝王のヌーヴォーに乾杯。ビバ ヌーヴォー!!




ヌーヴォー2015プリミエール(横250)

ジョルジュ デュブッフ
ボジョレー ヌーヴォー 2015 プリミエール
BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015 Primeur

120ml グラス    750+税
300ml デカンタ  1890+税
500ml デカンタ  2990+税
750ml ボトル   3990+税

<フランス> ライトボディ (軽い口当り)


2015年11月19日(木)より提供開始




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボジョレー・ヌーヴォー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区(伏見)の地で1962(昭和37)年より創業のレストランです。

「広小路に生まれた名古屋の味」をモットーに、名古屋名物「味噌かつ」やマツヤ名物「厚切り大とんテキ」などをご用意し、豊富なアルコールと多数の一品料理で居酒屋としてもお使いいただけます。

伏見で働く方々の止まり木として、憩いの場として、そして接待の場としてご愛顧いただいております。

--------------------
名古屋市中区錦1-20-25
広小路YMDビル

TEL:052-201-2082
(年末年始を除く)無休

〈営業時間〉
平日:11:00~15:00 LO
   17:00~22:00 LO
休日:11:00~21:00 LO

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya

#キッチンマツヤ



PR

















月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。