FC2ブログ

熱奏甲子園に見る伝統校 ~ 早稲田実業

マツヤ代表の鈴木です。

今回もまた熱奏甲子園のお時間がやって参りましたが(^^;)、甲子園と言わず高校野球で最も有名な高校と言ったら、やはり何と言っても「早実」こと「早稲田実業」だと思うんです。



『熱奏甲子園』の関連記事





夏の甲子園では1915年(第1回大会)から出場する真の古豪。

王貞治……荒木大輔……斉藤佑樹……清宮幸太郎……甲子園を沸かせたスターもしっかり。

むしろ、夏の甲子園では2006年(第88回大会)……ハンカチ王子ですね……が初優勝で、今のところその1回のみという事実に驚くくらい。常連中の常連だけに露出度は高いのですが、それだけ全国制覇の壁は高く高く聳えているのでしょうねぇ。



2015_97_早稲田実業
早稲田大学系属 早稲田実業学校 初等部・中等部・高等部
(画像:朝日DIGITALより)




別法人ですが早稲田の系列を表す「早稲田大学系属」と、職業教育の名残りで「実業学校」ということですね。ですから早稲田実業高校としてしまいがちですけれども正確には早稲田実業学校ということで。



関東の高校は往々にして六大学の影響を受けていることが多いものですが、早稲田実業も例に漏れず、と言いますか漏れる訳もなく、むしろ積極的に、それを誇りとするくらいに早稲田大学(の応援)の影響を強く受けています。



ですから応援の基本は言うまでもなくコンバットマーチとなります……当然ですよね。

本家を継承する者として前奏からしっかり演奏するのはまさに正統の古豪ならではの気高さと言えます。




2010年(第92回大会)より



高校野球というか学生野球(プロ野球も?)に燦然と輝く応援歌の金字塔、その1つですよね。今でこそ『アフリカン・シンフォニー』や『SEE OFF』、『エル・クンバンチェロ』といった楽曲が主流ですけれども、私が子供の頃は『コンバットマーチ』と『ダッシュ慶応』(これも金字塔)ばかりだったものですよ(年がバレる?)。



先ほど「早稲田大学(の応援)の影響を強く受けている」と記しましたけど、これはつまり早稲田大学の応援団〈早稲田大学応援部〉の指導を受けているからでして、甲子園でも古豪らしく対戦相手にエールを送ったりするのですけれども、何より得点が入った時は早稲田の第一応援歌にして心の歌とも称される紺碧の空を大合唱する訳ですよ、みんなで肩組んで。




2015年(第97回大会)より



そこだけ神宮球場なのかとさえ思わせる、ある意味では甲子園らしくない風景なのかもしれませんが、出場回数の多い早稲田実業に限ってはこれもまた甲子園名物の1つと言っても良いのではないでしょうか。

連続して得点した時などはもぅ歌いっ放しな訳でして……。(^^;)

対戦相手からしたらさぞかし嫌な気分じゃないでしょうかねぇ。



紺碧の空 1931(昭和6)年
作詞:住 治男 作曲:古関 裕而

一.
紺碧の空仰ぐ日輪
光輝あまねき伝統の下
すぐりし精鋭闘志はもえて
理想の王座を占むる者我等
早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田

二.
青春の時 望む栄光
威力敵無き精華の誇り
見よこの陣頭歓喜あふれて
理想の王座を占むる者我等
早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田

早稲田大学応援部より引用。



作曲の古関裕而(こせきゆうじ)さんは、夏の甲子園の大会歌『栄冠は君に輝く』を始め、阪神タイガースの『六甲颪』や読売ジャイアンツの『巨人軍の歌(闘魂こめて)』に1964年東京五輪のオリンピックマーチなど、多数を作曲された方です。



熱奏甲子園2015第3日 「早稲田実vs今治西」
http://togetter.com/li/859144

熱奏甲子園2015第8日「早稲田実vs広島新庄」
http://togetter.com/li/862201

熱奏甲子園2015第10日「早稲田実vs東海大甲府」
http://togetter.com/li/863978

熱奏甲子園2015第12日「九州国際大付vs早稲田実」
http://togetter.com/li/865384

熱奏甲子園2015準決勝「仙台育英vs早稲田実」
http://togetter.com/li/865845

「togetterまとめ」より





ここで甲子園を離れて(甲子園への切符をかけた地方大会の)西東京大会のちょっと面白い動画を見てみましょう。

元は東東京だった早稲田実業ですが、東西割り振りの変更や早稲田実業が国分寺へ移転したこともあって後に西東京となりました。そのために西東京大会では「早稲田実業 対 早稲田大学高等学院」というカードが実現することに……早稲田大学高等学院……早稲田大学直属の附属高校であります。

まぁ、日本大学や東海大学などの系列・付属高校同士が対戦するのと同じですが、飲食店的に例えれば、同じ制服(ユニフォーム)を着ているとはいえフランチャイザー店舗と直営店が対決するようなものですww

チアリーダーのいる方が2002年より男女共学化された早稲田実業、野郎ばっか(笑)な方が男子校の早大学院ですね。




2013年 西東京大会より



両方から『コンバットマーチ』や『紺碧の空』が流れてくるという……。(^^;)

直系の早大学院が『天理ファンファーレ』も演奏しているのが興味深かったりw

ただ、この動画では出てきませんが、早稲田大学の学部と同等の扱いを受けるという早大学院は校歌が都の西北でして、こればっかりはさすがの早稲田実業でも歌えない。そのため、劣勢が続いて早稲田実業から『紺碧の空』を連続で歌われたりすると(相手から歌われるとやはり結構キツいらしいw)、『都の西北』でお返しするみたいですよw




2010年 西東京大会より



今も昔も男子校ですから、駆けつけたOBも含めて歌っているのは野郎ばっか(笑)です。



※動画を拝借させていただきました方々に御礼申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区(伏見)の地で1962(昭和37)年より創業のレストランです。

「広小路に生まれた名古屋の味」をモットーに、名古屋名物「味噌かつ」やマツヤ名物「厚切り大とんテキ」などをご用意し、豊富なアルコールと多数の一品料理で居酒屋としてもお使いいただけます。

伏見で働く方々の止まり木として、憩いの場として、そして接待の場としてご愛顧いただいております。

--------------------
名古屋市中区錦1-20-25
広小路YMDビル

TEL:052-201-2082
(年末年始を除く)無休

〈営業時間〉
平日:11:00~15:00 LO
   17:00~22:00 LO
休日:11:00~21:00 LO

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya

#キッチンマツヤ



PR













月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示