スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱奏甲子園に見る伝統校 ~ 智辯和歌山

こんにちは、マツヤ代表の鈴木です。

今年(2015年)の「夏の甲子園」(第97回全国高等学校野球選手権大会)は東海大相模(神奈川)の優勝で幕を閉じました。

45年振りの全国制覇ということで、おめでとうございます!

初の東北勢優勝、すなわち初の優勝旗「白河越え」が今年も果たせなかった仙台育英、残念でしたが大健闘でした!

今年は熱戦続きの劇的続きな大会だったと思います。49の代表校全てにエールを送りたいと思います。



さて、マツヤ代表がこの場を借りてお送りするのは「熱奏甲子園」でして(笑)、暑き夏の甲子園をアツい演奏で聴かせてくれるブラバン応援のご紹介であります。



『熱奏甲子園』の関連記事





今回は和歌山の強豪「智辯和歌山」をご紹介します(高校野球では新字体を用いるため「智弁」と表記されます)。以前は兄弟校である奈良の「智辯学園」が甲子園の常連として有名でしたけれども(年がバレる?)、今はもぅすっかり智辯と言えば智辯和歌山ですよね。



2015_97_智辯和歌山
智辯学園和歌山高等学校
(画像:朝日DIGITALより)



正式な校名でお分かりの通り、私立の小中高一貫校であります。また、高等部の運動系部活動は硬式野球部のみだそうで、他の部活動は全て文化系部活動の扱いとのこと。和歌山県では群を抜いた高学歴な進学校みたいですよ。



そんな智辯和歌山の応援ですが、まずは何と言ってもアフリカン・シンフォニーでしょう。今ではどの高校も演奏する定番中の定番曲ですが、1987年(第69回大会)に智辯和歌山が初出場した際に披露されたのが始まりとか。つまり、元祖ということですね。




2012年(第94回大会)より




応援を間近で捉えた動画ですが、高校野球ファンなら聞き覚えのあり過ぎる楽曲ですよね。象の雄叫びをホルンで表現しているんですって。で、この動画では他にいろいろなことも判るのですが、まずは天理高校編の記事でお伝えした有名過ぎるファンファーレ『天理ファンファーレ』を智辯和歌山は使っていません。オリジナルのファンファーレのようですね。あとはドラムセットがあることでしょうか……ええ、ロックバンドとかで使われるフツーのドラムセットです……珍しいですよね。でも、智辯和歌山ではマストアイテムなのです。




ドラムの演奏をよく見たい時はコチラで。
甲子園の大応援も良いですが、地方大会も個人的には好きですww



最近はどうか分かりませんが、智辯和歌山では『アフリカンマーチ』との呼び方もあるようで……しかし、甲子園も含めて球場の観客席にドラムセットを持ち込むことは可能なんですねぇw



熱奏甲子園2015第4日「津商vs智弁和歌山」 - togetterまとめ
http://togetter.com/li/860409





そして、ジョック・ロック……魔曲の代名詞です。ただ聴いているだけでは「なんで魔曲?」と思われるかもしれない、言ってみればフツーの楽曲なんですけど、これが甲子園で流れると変わるのです。8回や9回といった終盤の、とりわけ同点時や劣勢時に流れると場の空気が変わるのです。演奏と大声援が変えるのです。




2015年(第97回大会)より



智弁和歌山の応援で「ジョックロック」があると思うのですが… - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035273170





2008年(第90回記念大会)より



上の動画では5回表の攻撃で早くも、しかも先頭バッターから『ジョック・ロック』です。まぁ、劣勢なものですから応援団から「逆転せよ」と叱責されているようでもありますよね。(^^;)タラッ

実際に先頭バッターから3連打であっという間に逆転し、さらに押せ押せムードが醸されていく中でもう1点追加しています。これが魔曲のなせる技なのでしょうか?どちらにせよ応援が後押ししているように思えてなりません。




2011年(第93回大会)より



延長10回表に1点取られてからの逆転劇。他にも2006年(第88回大会)の有名な準々決勝(9回表に大逆転された4点差を直後の9回裏に5点取ってさらに大々逆転のサヨナラ勝ち)など、智辯和歌山と『ジョック・ロック』にはこうしたドラマチックな場面の枚挙に暇がありません……もっとも、その前に大量得点で優勢だったのにポコポコ打たれて気がついたら同点もしくは逆転されていることが割とある訳ですけどね。(笑)



※動画を拝借させていただきました方々に御礼申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区(伏見)の地で1962(昭和37)年より創業のレストランです。

「広小路に生まれた名古屋の味」をモットーに、名古屋名物「味噌かつ」やマツヤ名物「厚切り大とんテキ」などをご用意し、豊富なアルコールと多数の一品料理で居酒屋としてもお使いいただけます。

伏見で働く方々の止まり木として、憩いの場として、そして接待の場としてご愛顧いただいております。

--------------------
名古屋市中区錦1-20-25
広小路YMDビル

TEL:052-201-2082
(年末年始を除く)無休

〈営業時間〉
平日:11:00~15:00 LO
   17:00~22:00 LO
休日:11:00~21:00 LO

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya

#キッチンマツヤ



PR

















月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。