FC2ブログ

「感動をありがとう」だけで済ませてはいけない!なでしこジャパンの「2回連続準優勝」

代表の鈴木です。

多くの方がご承知の通り、FIFA WOMEN'S WORLD CUP 2015 CANADA の決勝戦でなでしこジャパンはアメリカに敗れて準優勝となりました。

勝敗決まればノーサイド……ラグビーの精神ですが、全てのスポーツに当てはまるでしょう。まずは今回も予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントもファイナルまで勝ち抜いたなでしこジャパンの健闘を称えたいと思います。これは本当に凄いことです。例え主軸が変わらず世代交代が進んでいないと言えども決勝まで進んだという結果が全てです。



しかし、結果が全てなので敢えて申し上げますと、最初の「悪夢の16分」を導いてしまった結果も敗因の全てでありましょう。しっかり研究し、実践したアメリカ女子代表に一杯喰わされた訳でもありますが、特に試合の入り方においてなでしこジャパンは万全だったのでしょうか?

今回も普段通りに笑顔も見られ、リラックスした試合前だったと思います。過度な緊張を和らげようとしていることが分かります。しかし、和らげるのは「過度な」緊張であって、必要な緊張感を持っているつもりではあるけれども実はそれも少し抜けてしまっていたのではないでしょうか。つまり、緊張を和らげる余りにリラックスのし過ぎ。



こういった大舞台ではいくら緊張せずに始めようと思っても多少は固さが抜けぬまま試合が始まるものです。しかし、そういった固さらしきものが見られぬまま、あれよあれよという間に先取点を奪われた最初の3分だったのではないでしょうか?







最初のコーナーキックが不意に足元へと蹴られ、マークを外したロイド(この選手となでしこジャパンはナゼだか相性がとても悪いw)に決められました。この予想外の失点、開始3分という余りに早い失点がなでしこ達を浮足立たせることとなります。

その冷静さを取り戻せぬままに迎えた2回目のコーナーキックで、ほぼ同じ作戦でやられて2失点目。なでしこ達の動揺を感じ取って同じ作戦を連発で畳み掛けるアメリカのしたたかさを感じた瞬間でもありました。この2点目もロイドです。

こうなるともぅパニック状態でしょう。

DF岩清水の明らかなクリアミスをハラデイに叩き込まれて3失点目。

さらに浮足立ったままのGK海堀の動きを見たロイドの、ピッチのほぼ中央から放たれたキックが綺麗な弧を描いてゴールに吸い込まれて4失点目。女子決勝で初のハットトリックを果たしたロイドは、おそらく今後破られることのないであろう最速のハットトリックの称号まで得ることとなりました。



ここまでの16分間にあったことは、最初の失点から始まったことです。相手の動揺を見て序盤の序盤から仕留めに掛かってきたアメリカの強さがここにあります。2度のセットプレーと相手のクリアミス、そしてGKの不用意な前進を察した超ロングシュート……これら全てを一発で決める強さです。

言い方を変えれば、なでしこジャパンを相手に4点獲るまでは決して気を緩めなかったアメリカだったとも言えるので、その点については「そこまで警戒される存在」と考えることもできますが、それを実践されてしまった結果であり、その要因を自らつくってしまったのが決勝のなでしこジャパンだったと言わねばなりません。



つまり、試合の入り方でメンタルの強さが万全だったのか?紙一重の差がアメリカとの間にあったのではないか?という疑問です。



そもそも素人が何を言っているのか!頑張ったんだからいいじゃないか!また次に頑張ろうよ!と思われることでしょう。しかし、「次って何?」という話なのであります。今、目の前にあったチャンスを半ば自滅で失って「次」もまた自滅するのですか?と敢えて申し上げるのです。本当のファンでありサポーターであるならば、健闘を称えつつも指摘すべきは指摘しなければならないのです。

なぜならオリンピックで1度、W杯では2度目と、これまで決勝の舞台に(ほぼ同じメンバーで)立ってきたなでしこジャパンなのですから。初めて辿り着いてビビッているうちに試合が終わってしまった、といった段階のチームではないからです。



もしかしたら、3度目のゆとりが逆に作用してしまった可能性もあったのかもしれません。

それならば、それをも改めて糧として真の常勝軍団として君臨してほしいからこその辛口なのです。

ファンやサポーターならば時に辛辣でなければならず、今がその時なのです。



今回の試合運びを見るにつけ、ランキング2位(アメリカ)と4位(なでしこジャパン)の戦いでもあった訳ですが、このたった2ランクの差は現状ほぼ埋まりそうにない差だと感じました。もちろん、100位と98位といった次元とは異なる2ランクであることは承知していますし、4位が1位になるための道の険しさが尋常でないことも理解しています。ただ、今回の優勝でアメリカ女子代表はおそらくランキング1位になるでしょう。それに相応しい結果でした。

そもそも前回の2011年女子W杯ドイツ大会の決勝にしたって、先制されてから追いつくもさらに得点されたところを神様仏様澤様のコーナーキックでギリギリ追いついてからのPKでようやく手にしたくらいですから、あの当時にあった力の差はさほど変わっていないと考えます。あちらも高みに向かっているのです。



しかし、いつかはそんな栄冠をなでしこジャパンにも掴んでほしい!



そのためにファンやサポーターは心を鬼にして物申すのであります。



良い点もあったのです。1点目の獲り方やオウンゴールを誘った2点目など、これまでに比べて全然良い点の獲り方でした。瞬間的ながら「これは……もしや……」と思わせる時間帯もつくりました。ただ、今回は最強のDF陣と称されたアメリカ女子代表の守りをこじ開けるには2得点が精一杯でもあったことでしょう。だからこそ2点で勝負できる試合であってほしかったと悔やまれるのであります。

そもそも今回のなでしこジャパンは大会への入り方も正直あまりよろしくなくて、大会中に試合を重ねることで纏まってきた側面もありましたから、それであの結果となればやはり称えたいところもあるんです。(^^)



しかし、今回はロンドンのオリンピックの時より悔しいでしょうね。2回連続の決勝敗戦もさることながら、4年間付けていた胸のW杯優勝エンブレムを奪われた訳ですから、これからはユニフォームへ袖を通す度にその悔しさを噛み締めることでしょう。



リオのオリンピックでは同じ轍を踏まぬこと!

この一言に尽きます。

この一言で済むくらいには強いなでしこジャパンなのですから。



まぁ、テニスの錦織圭にも同じ心境なのですけどね。(^^)



ついでに申せば、個人的にはネシブ様のフランスが決勝トーナメントで敗退したのも残念でしたけどねwww



FIFA_YouTube_Top2015.jpg
大会期間中のFIFA公式YouTubeチャンネル……チャンピオンは表紙も飾れるんです!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なでしこジャパン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区(伏見)の地で1962(昭和37)年より創業のレストランです。

「広小路に生まれた名古屋の味」をモットーに、名古屋名物「味噌かつ」やマツヤ名物「厚切り大とんテキ」などをご用意し、豊富なアルコールと多数の一品料理で居酒屋としてもお使いいただけます。

伏見で働く方々の止まり木として、憩いの場として、そして接待の場としてご愛顧いただいております。

--------------------
名古屋市中区錦1-20-25
広小路YMDビル

TEL:052-201-2082
(年末年始を除く)無休

〈営業時間〉
平日:11:00~15:00 LO
   17:00~22:00 LO
休日:11:00~21:00 LO

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya

#キッチンマツヤ



PR













月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示