スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN @ Zepp名古屋

こんにちは、広小路キッチンマツヤ代表の鈴木です。

こちらで以前、何度かご紹介した BABYMETAL の快進撃を久し振りにご紹介したいと思います。



◆以前の記事
METAL RESISTANCE 第3章は Worldwide から in JAPAN へ!
http://mty1962.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

Worldwide METAL RESISTANCE 2015 !!!
http://mty1962.blog.fc2.com/blog-entry-103.html




昨年(2014年)辺りからテレビの情報番組などで度々取り上げられてきてまして、今年に入ってからはニュース番組が社会現象的に特集を組むようになって参りましたBABYMETAL。



日本テレビ『NEWS ZERO』 - 世界で人気なぜ「BABYMETAL」


TBS『ニュースバード』 - ニュースの視点




そんな快進撃を続けるBABYMETALが今年は待望の国内ツアーを敢行!名古屋公演は10/7(水)、10/8(木)の2daysがZepp名古屋で行われました。



BM_TOPimg_WT15_0621_4.jpg




……10/7(水)の初日に行ってきましたよ!(^^)



間もなく戦闘開始につき、Zepp名古屋へ向かいまする。#BABYMETAL #BMWT2015

Posted by 鈴木 大介 on 2015年10月7日


HM/HRでは「制服」もしくは「戦闘服」であるバンドTシャツを着ていくのは鋼鉄の掟ですからww





会場18:30、開演19:30ですが、自分が到着したのは17:40頃かな?

引換券からの入場エントリーや物販のピークは過ぎてましたけど、今回は在庫をしっかり用意したのか物販はスムーズに行われていました。





しばらく時間を潰してから、いよいよ中へ……18:55頃の会場内はこんな感じ。

オールスタンディングですから、基本的にはその場でじっと待機ですね。

始まるまで立ったままですからオジサン的には早くもちょっぴりしんどかったり。(汗)



6月の幕張メッセでは10分ほど遅れてスタートしましたが、今回は時間通りに開演!

……なのですが、ここで写真も動画もNGなのが日本のダメなところ。orz

……どんどん見せて、どんどん魅せて、ライヴに足を運びたくなるよう仕向けるのがイマドキの動画マーケティングなのに日本は意識が遅れてます。



なので、終演後のオッサン2人の投稿画像でお許しくださいw



終わった……遂に見届けた……あぁ。汗だくだ……揉みくちゃだ……あぁ。しかし、いい時間を過ごしました。#BABYMETAL #BMWT2015

Posted by 鈴木 大介 on 2015年10月7日


いやぁ~、それはもぅ激しいライヴでしたぁ~!

学生時代の部活を思い出す汗の量でして……実は開演前に周りで首タオルの人達が何人もいることに気づいて、最初はナゼにタオル?と感じていたのですが、次第に「それだけ発汗するライヴなのか?」と思い始めていました。そして、その予感は大当たりでした。(^^;)……着ているTシャツも、履いているジーンズも、そしてパンツまでも(笑)、びっしり汗かいてぐじゅぐじゅ。頭などは風呂上がりかというほどのずぶ濡れ状態だったのですが、外に出ればそこは10月の夜空www

あれ?このまま居るとオッサン2人揃って風邪ひきさんにならせん?と感じて、それ以前に喉もカラカラでしたから飛び込んだのがスタバ、という流れでしたね。

立ち位置を誤ると揉みくちゃにされますし、そうでなくても飛び跳ねてますから終わってみればスマホの万歩計が8000ほど進んでいましたw

いやぁ~、ヘトヘトとはまさにこのことという、疲れたけどめっちゃ楽しいライヴでした。(^^)



名古屋初日!!でらええがん!!#BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN #nagoya #名古屋

Posted by BABYMETAL on 2015年10月7日


……ホントは「でらええがぁ~」が正解だけどな……そもそも「でら」ってあんまり言わないんだけどな……MOAMETAL(名古屋出身)にちゃんと確認してもらったのかな……。



さて、喜んでばかりでもなくここは冷静にちょっと気づいた点を記しておきます。

ズバリ言いますと、Su-METALのヴォーカルには僅かばかりのボイスチェンジャー的声の違いがありました。

今年に入ってから少し感じていたのですが、ヘリウムを吸った時の笑える甲高い声みたいな、機械的な声色の高さがあるのです。

それはYUI&MOAMETALがヴォーカルをとる曲でも同じ。



ナゼにそうなってしまっているのかは分かりませんが、その違和感をずっと感じていました。

ヴォーカルとしての上手さはメキメキ上達中なので声色を変える必要は逆にないんじゃない?と思うのですが……何か別の理由があるのでしょうか?



後は、途中でヴォーカル(声)が消えてしまう、演奏に埋もれてしまうことが幾度かありましたけど、サウンドとしては概ね良好でしたね。



ただ、スタンディングエリア(アリーナ)だと、私くらいの身長ではステージがほとんど見えない!(哀)

不幸にも直前に立つ人の背が高かったこともありますが、それは何とか移動してクリアできます。しかし、実際に見て感じたのですが、BABYMETALの3人は想像以上にちんまいかったです。(^^;)



なんと可愛らしいお嬢さん方、でしたので、(BABYMETALのライヴではステージに設置される)お立ち台を今少し高くしていただけると良いのになぁ~とは思いました。



ついでに申せば、途中でバックバンド(神バンド)の演奏があって、メンバーの3人はステージから一旦退くことが2度あるのは恒例なのですが、動画で見ている時はメンバーの休息タイムだと思ってました。しかし、ライヴ会場では全く別の感想が沸き立ちました。

あの2度のブレイクは我々オーディエンスの休息タイムだったのだと!(笑)

あれが無かったら身が持たん。(^^;)



BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN
2015/10/7 @ Zepp名古屋
START - 19:30, END - 20:45

1.Iine!
2.Megitsune
3.Doki Doki ☆ Morning
4.Awadama Fever
  Kami Band Performance #1
5.Catch Me If You Can
6.Uki Uki ★ Midnight
  Kami Band Performance #2
7.Rond Of Nightmare
8.Onedari Daisakusen
9.Headbangeeeeerrrrr!!!!!
10.Non Title Song (tentative name : Chigau Chigau)
11.Ijime, Dame, Zettai
12.Gimme Chocolate!!
13.Road Of Resistance



あぁ、『紅月 -アカツキ-』がぁ……『4の歌』がぁ……。orz



さてさて、実のところホントの快進撃はココからでして、来年の4月になんとイギリスはあの「ウェンブリー・アリーナ」で単独公演があるのです!スゲー!!



BABYMETAL_Wembley2016.jpg




さすがに聖地「ウェンブリー・スタジアム」ではありませんけど、それは将来のお楽しみとして、イギリスでもいよいよキャパ12500人のステージに立つなんて夢のようであります。



Wembley_Arena_interior.jpg



その前月にあたる2016年3月には X JAPAN もライブを行う「ウェンブリー・アリーナ」ですが、BABYMETALによってイギリスは元よりヨーロッパ中のガチで屈強なメタルヘッズが終結するのかと思うと鳥肌が立って仕方ありません!

彼女達の METAL RESISTANCE、その先を見届けたいと思います。(^^)





スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

METAL RESISTANCE 第3章は Worldwide から in JAPAN へ!

広小路キッチンマツヤ代表の鈴木です。

ちょっと前の話になりますが、6/15(日)に行われた、我らがBABYMETAL久し振りの日本公演を観に行って参りました!

……ライヴビューイングで。(汗)



いや、本当は頑張って幕張メッセまで参陣仕りたかったのですが、ちょっと無理だろう~と一度は諦めました。そしたらば全国の映画館でライヴビューイングが行われるというではないですか。

それなら行ける!と少々無理をスタッフにお願いしまして、109シネマズ名古屋まで行ってきましたよ。



結論:ライヴビューイングでは本当の面白さが伝わってこない。



やっぱり生で観ないとイカンですわ。(^^;)

ライヴ並みに盛り上がることもあるのでしょうけれども、そして何となく盛り上がりたそうな雰囲気はあったのですが、弾ける雰囲気でもありませんでした。



一応、当日のセットリストを記しますと……

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 ~巨大天下一メタル武道会~
幕張メッセ国際展示場
2015/6/21 17:13 START

1.BABYMEATAL DEATH
2.Gimme Chocolate!!
3.Doki Doki ☆ Morning
4.Uki Uki ★ Midnight
5.Awadama Fever
  Kami Band Performance #1
6.Catch Me If You Can
7.Onedari Daisakusen
8.Akatsuki
  Kami Band Performance #2
9.Rond Of Nightmare
10.Song 4
11.New Song (World Premiere)
12.Iine!
13.Megitsune
14.Ijime, Dame, Zettai
15.Headbangeeeeerrrrr!!!!!
16.Road Of Resistance



未だに洋楽かぶれなものですから全曲英語表記でスンマセン。(^^;)

しかし、海外よりもちょっと多い16曲の演奏にワールド・プレミアな新曲も披露、これまで "Bubble Dreamer" とか海外で勝手に名付けられていた泡々ソングは『あわだまフィーバー』という曲名だと判明したりで何かと盛りだくさんではありました。

そして、終演後には何と国内ツアーの告知が!



\(^o^)/



BABYMETALを生で観るには東京〈関東)まで足を運ばないとイカンのか、と思っていた、ずーっと思っていた我々地方のメイトさん達にようやく朗報が舞い降りたのでした。



BM_TOPimg_WT15_0621_4.jpg
名古屋公演は10/7(水)と10/8(木)の2DAYS!!




BABYMETAL初の国内ツアーは9月の大阪より始まり、札幌福岡名古屋(MOAMETAL生誕地)東京、そして12月の横浜(YUIMETAL生誕地)と続きます。最後が神奈川県というのがニクイところですが、今回は残念ながら広島(Su-METAL生誕地)がありません。

なんでまた札幌から福岡なのか?と思いますが、9/21から10/2まで中10日ありますから東京に一度戻ってくるのでしょう……学業もありますしねw



そして、ファイナルの横浜アリーナを除けば全てZepp公演でもあります。

とりわけZepp Nagoyaはキャパ1800と小さなハコですから、これはもう海外ツアーの再現を期待しちゃいますよね!



そして、MOAMETALには「聴こえないよ~!」を是非「聴こえ~せんがね~!」と名古屋弁で叫んでいただきたく。(笑)



この不肖鈴木も10/7(水)のZepp Nagoyaに馳せ参じますから、初めて生で体験するBABYMETALに今からドキがムネムネしているのであります!(^^)



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Worldwide METAL RESISTANCE 2015 !!!

キッチンマツヤ代表の鈴木です。

突然ですがワタクシ、1983年以来のHM/HRリスナーでして。(^^;)

HM:ヘヴィメタル
HR:ハードロック



つまり、ヘヴィでメタリックな調べに忠誠を誓って今年で丸32年という、俗にいう「ヘヴィメタ野郎」なのでありますw

まぁ、途轍もなくうるさくて野蛮なイメージのあるバンドサウントですわw

……あ、我々はキホン自ら「ヘヴィメタ」などと略したりはしませんからね。



ただ、30年以上も聴いてますと、高熱でカッカカッカと燃え盛る時期もあれば微熱のごとく静かな時期もありまして(^^;)、とりわけ不惑を越えて参りますと、他のジャンルに浮気することはなくとも今少し穏やかな楽曲に心地良さを覚えたり、あるいは日本のアーティストや楽曲にも寛容になったりするものであります。 ← 日本のHR/HMリスナーの多くは「西洋かぶれ」ですw

……そもそもHM/HRを含むロックというジャンルには反骨的精神がバックボーンにあって、主に若者の心の叫びが具現化されてますから、年を取ってくるとそれは若き日の思い出になってきて少しずつ失われたりもしてですね、ちょっと距離ができたりもするんですよ……と言い訳。(汗)

その割にアニソンとかガンガン聴いてたりしますからヘンな方面に趣味全開指向が高まったりもしてますが。(大汗)



そんな自分に再びHM/HRを熱くさせる「事件」が勃発しました。



A New Style of HEAVY METAL




これまで聴いたこともない、新しい鋼鉄の調べが誕生しました……それも日本で!



ヘヴィメタルへの聴き込み度が高い、つまりヘヴィメタルへの浸透度と宗教にも近い忠誠心が旺盛な人ほどその格差に驚き、抵抗する気持ちも最初は沸くと思います。

初めて耳にした時はたぶん なんじゃ、こりゃあ!になることでしょうw



これが果たしてヘヴィメタルなのか?

これをヘヴィメタルとして受け入れてもいいのか?

そもそもこれを自分は受け入れられるのか?



そんな葛藤と向き合うこととなります。

一発で拒否する人も少なくないでしょう。



実はワタシ自身も最初から受け入れることはできませんでした。

3回くらい聴いたけど「これはダメだな」と思いました。



ただ、何となく気になるw

ナゼか気になるww

そんなこんなでもうちょっと聴き込んでみようかな?となったら中毒の始まりですwww



その正体は……BABYMETAL



babymetal-logo.jpg




現在で最も代表的なPVをご紹介します。



タイトルは『ギミチョコ!!』……ギミチョコですよ。海外では "Gimme chocolate!!" と表記されますが国内ではギミチョコです……おじさんはもぅついていけませんwww

だって、Gimme chocolate!! と言ったら戦後の進駐軍に……(以下、省略)。

もぅね、そんな時代じゃないんですよねぇ。



そして、昨年辺りから情報番組などで時々取り扱われたりもしてますからご存じの方もいると思いますが、国内で活動が始まり、コアなファンを掴んではきたもののブレイクしたのは海外からでして、このPVも海外からのアクセスがとても多くて2015年5月15日現在で再生回数なんと 26,342,140 回。

2600万回超えですよ!知る人ぞ知るモンスター動画と化しています。

※追記:2015/7/21に3000万回を突破した模様。
BABYMETALギミチョコ!3000万再生祭り会場 - BABYMETALの黙示録
BABYMETAL「ギミチョコMV 再生数30,000,000回突破!!」 - BABYmatoMETAL



で、これが中毒になるwwwwww

何度か聴いてるうちに楽曲の良さに気づくんです。

他のも聴いてみると、これが悉く後からじわっと来る。



我が30余年の経験からしますと、スグに気に入る曲は飽きるのも早いが、聴き込むほどに良いと思える曲は飽きないですから、BABYMETALの楽曲はどれもこれも飽きの来ない曲ばかりなんです。

……ちなみに『メギツネ』という曲のPV再生回数はもうすぐ1600万回超えです。

※追記:2015/8/26現在で1900万回を突破した模様。



そもそもBABYMETALって何?という話になりますが、2013年にメジャーデビューした「メタルとアイドルの融合」のオンリーワンを目指したユニットであります。

なんでもテクノとアイドルの融合で成功したPerfumeを見たプロデューサーが、次はメタルとアイドルの融合だと思って結成したとのこと。その見識には恐れ入りますし、何よりこのプロデューサー(KOBAMETAL)のメタル愛は本物ですから受け入れられますわw

ですから、(神バンドという凄腕ミュージシャン達がバックにつきますが)少女の3人ユニットだったり、振付師が同じだったりといったPerfumeとの共通性も少しあったりします。あと、X および X JAPAN へのオマージュもちょっぴりw

そうなんです。バリバリのメタルソングを少女がフツーに歌い、ダンスするのです。

しかも、これが海外の屈強なメタル猛者達のハートを掴み、逆輸入的に日本でもその存在が知られるようになってきたといった感じですね。



私がBABYMETALに完全覚醒したのは昨年のワールドツアーでした。

まぁ、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリスと巡っただけですが、昨今のアイドルがアジア方面を廻ってワールドツアーと称するのとは訳が違うメタルの本場への殴り込みだったのです。

しかも、メタルの聖地イギリスはロンドンの The Forum という会場はメタル好きなら知らない場所ではありません。

マジか!という会場をメタルヘッズで埋め尽くしたのです。

それがこの動画。





ヘヴィメタルへの愛情とリスペクトが混然一体となった劇的なオープニングに呼応する本場オーディエンスの熱狂振りがヤバいですわw

同じメタルのDNAを有する「分かってるヤツら」の同じ鼓動を感じる瞬間に目頭が熱くなります。

そして、同時に日本のメタルが、余りに異端ながら純然たる日本のメタルが本場で受け入れられている事実にも目頭を熱くしてしまいます。誇りを感じる瞬間でもあります。



今年もワールドツアーを敢行していまして、実は現在ツアーの真っ最中であります。

メキシコから始まりカナダ、アメリカ、ドイツ、フランス、スイス、イタリア、オーストリア、日本、そしてイギリス……。

昨年よりスケールアップしたワールドツアーの一環として国内のライヴがブッキングされています。

そして、イギリスではなんと、あのレディングフェスティバルに登場するんですから「スゲーな」と眩暈がしてきます。



さすがに海外では2500~3500人くらいのキャパで行われてますが、これが日本だと幕張メッセとかさいたまスーパーアリーナで5桁の動員となります。上の動画を見てから次のを見るとその違いが分かります。





これを見ると、日本では「え?」とビックリするほど小さな会場で演奏する海外のバンドもお国に帰るとビッグな会場で演ってるんだろうな~と逆に思ったりしますw



その成長を嬉しく誇らしく思いながら見守り、熱狂している訳ですが、日本で今年ブレイクするアイドルとしてじわじわ注目を浴びつつあるBABYMETALについてはどんどんアイドルらしくなくなっていると感じています。

これはもはや Made in Japan のヘヴィメタルバンドであると思えてなりません。








アナタもBABYMETAL中毒に罹患して、METAL RESISTANCE に身を投じてみませんか?(^^)



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Send to SNS
Instagram
プロフィール

マツヤ代表鈴木

Author:マツヤ代表鈴木
名古屋市中区(伏見)の地で1962(昭和37)年より創業のレストランです。

「広小路に生まれた名古屋の味」をモットーに、名古屋名物「味噌かつ」やマツヤ名物「厚切り大とんテキ」などをご用意し、豊富なアルコールと多数の一品料理で居酒屋としてもお使いいただけます。

伏見で働く方々の止まり木として、憩いの場として、そして接待の場としてご愛顧いただいております。

--------------------
名古屋市中区錦1-20-25
広小路YMDビル

TEL:052-201-2082
(年末年始を除く)無休

〈営業時間〉
平日:11:00~15:00 LO
   17:00~22:00 LO
休日:11:00~21:00 LO

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
with SNS
@kitchen_matsuya
#キッチンマツヤ



PR

















月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。